転職 正社員

正社員転職・求人は厳しい?転職の現状と注意点

 

厳しい転職事情

 金融ビッグバン以降、海外企業との競争が激化する中で、「終身雇用」「年功序列」が崩れ、一気に「成果主義」の導入が進みました。その結果、余剰人員を抱えず筋肉質な組織にしていくために「人手が足りなくなっても、採用基準は下げない」という厳選採用が定着化してきました。転職する場合には、業界や年代によって転職状況は全く異なってきます。20代、30代は、転職回数が少なく、優秀な学歴や経験スキルがないと転職が厳しい状況です。

 

転職先会社を選ぶ時の注意点

 転職する会社を選ぶ場合、現在の職場と比較して勤務地や転勤の有無、給与、待遇、会社の規模、安定性など自分が何を望むかにより選択の基準は変わってくると思います。大切なことは、転職を決めた理由と次の職場で何がやりたいのか、やりがいを感じる仕事など自分が希望する条件とぴったり合う会社を選ぶことです。自分が転職先でする仕事のビジョンを明確にして、優先順位をつけることで転職する会社を選ぶポイントがわかります。自分のビジョンが明確になったら、実際の面接で確認するとともに社内の雰囲気などもチェックすることが失敗しないポイントです。

 

転職する場合に支援サイトを利用するメリット

 転職支援サイトを利用するメリットは、登録から求人検索、レジュメの添削、面接指導など転職成功までの一連の流れを、コンサルタントが無料でアドバイスしてくれます。また、競合他社に知られたくないプロジェクトの中心人物求人や、幹部社員など企業のコンフィデンシャルな求人も紹介してもらえることもあります。コンサルタントに相談する事で精神的に余裕ができ、自分では探せないような求人情報に出逢えるようなメリットもあります。

 

 

お勧めの正社員転職サイト
20代転職サイト
http://www.go2cancun.com/

 

仕事探し30代情報.net
30代の転職は仕事探しが成功の鍵

ブランクが少ない方がメリットがある

 20代前半のうちなどは、一旦仕事を辞めてリフレッシュしてから次の仕事を考える、というやり方もいいかもしれません。でも年齢とともに、仕事をしていないブランクがある、というのは次の就職先を見つける上で、恐ろしい存在へと変わっていきます。面接などでも聞かれて、変に推測されることもあるかもしれません。精神的にも、一度仕事から離れてしまうと、戻るための労力がかなり必要となってきます。だから、転職を考えるのであれば、早いうちから在職中に、こまめに情報収集を始めましょう。

 転職は、面接が大事で採用する側と応募者の双方の思いが一致した時に採用になります。履歴書は文字によるアピールですが、面接は話し方や表情から受ける印象が大切です。書類が通過して、面接を受けるときにコミュニケーションが下手だと自分のことがうまく相手に伝わりません。書類が素晴らしくても実際に合ってみると、イメージと違っていたという面接官も多くいます。

 面接において避ける事ができない質問が転職を決めた理由についてです。ありふれた質問のように見えますが、素直に答えるだけでは思わぬ落とし穴にはまってしまうことがある質問です。

 

 

続きを読む≫ 2014/09/11 13:55:11

 私自身も何度か転職しましたが、そのなかで数社、応募者の情報が社員に漏れ漏れだった会社がありました。そこから得た、応募者のOK&NG例をご紹介します。

続きを読む≫ 2014/05/19 13:14:19

 私は4年前に転職して今の職場で仕事をしています。転職前の職場は大学を卒業してすぐに就職した大手の企業でした。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:08:03 コラム

 就職氷河期が長く続き、学生たちの間では就職するのか企業するのかで悩む人が多いことがSd Japanによって報道されています。この記事の中では学生起業が勧められていました。

続きを読む≫ 2013/09/26 14:58:26 コラム

 私は、22才のとき都内のとある私立大学を卒業し、八王子に拠点を置くスーパーマーケットに就職しました。地元にいるころは、そこそこ偏差値のある高校で、大学では偏差値50を超えるくらいの著名ですが地味な大学へ通っていました。私が新卒で就職活動をしたのは、2000年代後半のリーマン・ショック後の就職氷河期と呼ばれるときでした。私は、文系でしたので、中堅どころのメーカーや、商社へ入社したいと思っていました。ところが、就職活動はなかなかうまくいくものではなく、履歴書のほかに、エントリーシートとよばれる学生時代の功績や、志望動機を書かねばならない書類にてこずり、なかなか就職が決まらなかったのです。

 

保育士として勤めて3年ほどが経った時、転職を考え始めました。
きっかけは雇用形態についてを考えたことからでした。
今の時代、保育士の仕事というのはほとんどが臨時保育士という、正社員ではないものがほとんどです。
専門学校を卒業し就職した友人も、ほぼ9割以上は臨時職員としての採用でした。
正社員の枠が全くないわけではありません。
しかし、その保育園で数年勤め、正社員で働く方が退職されるなどして正社員の空きが出なければ、
正社員となることは難しいのです。
特に私の場合は日給制だったので、お給料についても不満がありました。

 私はとある病院のケースワーカーの就職試験に合格しました。初めての就職試験だったにもかかわらず、ほか5人の受験者と差をつけたのはなんだったか、試験終了後のライバルたちの会話や自分のしたことをふまえて、今回準備について述べようと思います。

 私は今、34歳の主婦です。結婚前に、貯金をするために実家に帰り、そのタイミングで転職しました。以前に勤めていた会社は、広告代理店で、いつも深夜まで仕事をしていて、当時付き合っていた彼氏ともなかなか休みがかみあわず、7年間の付き合いだったので結婚話も出ましたが、仕事をやめるという発想がなかったので、私自身が結婚生活と仕事をうまくこなす自信がないという理由で別れてしまいました。