転職面接官との会話が重要なポイントです

 転職は、面接が大事で採用する側と応募者の双方の思いが一致した時に採用になります。履歴書は文字によるアピールですが、面接は話し方や表情から受ける印象が大切です。書類が通過して、面接を受けるときにコミュニケーションが下手だと自分のことがうまく相手に伝わりません。書類が素晴らしくても実際に合ってみると、イメージと違っていたという面接官も多くいます。

自己PR、志望動機、転職理由

 面接の時に多い失敗が、書類の内容を忘れてしまうことです。面接官は書類を見ながら質問します。どんなことを書いたのかは、頭の中で整理しておきましょう。応募者の能力、何ができるのか、なぜ転職したいのかが企業側は、知りたいのです。

 

1分から2分で答える

 面接の前には、練習が必要です。一つの話は、1分から2分で答え、あまり長くなりすぎないようにしましょう。家族や友人に聞いてもらって、自分では気づかない話し方のくせをアドバイスしてもらいましょう。

 

控室で

 面接は控室からスタートしています。リラックスするのはいいのですが、大きな声で雑談したり、スマホを操作するのはルール違反です。入室時は、失礼しますとしっかり挨拶して入ります。笑顔であいさつして、静かに座りましょう。