転職先は在職中に決めた方がいい

ブランクが少ない方がメリットがある

 20代前半のうちなどは、一旦仕事を辞めてリフレッシュしてから次の仕事を考える、というやり方もいいかもしれません。でも年齢とともに、仕事をしていないブランクがある、というのは次の就職先を見つける上で、恐ろしい存在へと変わっていきます。面接などでも聞かれて、変に推測されることもあるかもしれません。精神的にも、一度仕事から離れてしまうと、戻るための労力がかなり必要となってきます。だから、転職を考えるのであれば、早いうちから在職中に、こまめに情報収集を始めましょう。

転職先の情報収集は徹底的にする

 ある程度転職先を決めたら、徹底的に情報収集をしましょう。例えばその会社がメールマガジンや、著作物の出版をしているようであれば、チェックすることが必要です。面接のときに、話題のとっかかりになることもあるかもしれません。

 

必要であれば資格を習得する

 転職を考えた際、持っているとベターなものは、やはり資格です。もし転職先で必要な資格があるのであれば、面接を受ける前に習得する、あるいは習得中、という姿勢をアピールしましょう。仕事と勉強との両立は、確かに体力的にもつらいものがありますが、必ず役に立ちます。