私はとある病院のケースワーカーの就職試験に合格しました。初めての就職試験だったにもかかわらず、ほか5人の受験者と差をつけたのはなんだったか、試験終了後のライバルたちの会話や自分のしたことをふまえて、今回準備について述べようと思います。

 状況についてただでさえケースワーカーの求人は少ないので、みんなが「まだ来年だし」とだらけているころから私は自分なりに求人の出処を研究しました。わりときつい飲食店アルバイトも今も続けているのですが、もちろんありましたし学校の宿題もたいそうありますから、4年なのに忙しいです。
 そんななかでとにかく時間をみつけてはインターネットなど利用し、募集時期あ試験のありかたなど傾向を知り、自分の理想を定める判断基準を身につけました。それで私はハローワークにも行ったのですが、なんか雰囲気が上から目線で私には合わなかったし、たまたまなのか、面接者がせまい価値観をお持ちで、ここは本能的にいやだとわかったので、本当に自分でやりました。その病院はたまたまホームページで見つけたのですが、条件を決めていたためにここだ、とわかりました。自分の方法があればこんな感じで強いんでしょうね。

 

おすすめ

転職動機|人気と実績から選ばれた求人サイトランキング
転職のプロが運営する転職支援サイト。皆さんの転職徹底的にサポートします。
xn--hhrs16c0tp2fn.com