面接で転職の理由を尋ねられたら

 面接において避ける事ができない質問が転職を決めた理由についてです。ありふれた質問のように見えますが、素直に答えるだけでは思わぬ落とし穴にはまってしまうことがある質問です。

 

 

転職の理由は志望動機やキャリアへの展望、働くことに対する姿勢など様々なものを見てとることができる質問です。面接の前にはあらゆる場面を想定して準備しておくべきでしょう。

 

 転職の理由を尋ねられたとき、ありがちなのが前の職場に対する不満を漏らしてしまうことです。確かに人間関係や与えられた仕事への不満など、転職の大きな理由になったものもあるでしょう。しかし、それを素直に答えたところであなたには何もメリットはありません。

 

 

 ここで面接官が知りたいことをよく考えてみてください。面接官はあなたが入社して継続して働いていけるかどうかを確かめようとしています。そんなときに職場に不満があったからと答えるのは、落としてくださいと言っているようなものです。

 

 もし前の職場での不満が転職の理由であったとしても、「前の職場ではやりたいことが実現できなかったから」などと言い換えて表現すべきです。

 

 もちろんその後に面接官からは、「本当に前の職場では実現できないのか」という突っ込みがくるでしょう。その答えまで用意しておいて初めてこの質問を乗り切ることができます。

 

 志望動機などと照らしあわせてしっかり想定問答を作っておきましょう。コツとしてはとにかくネガティブな表現を避けることです。否定的な表現は前の職場への不満をにおわせているような印象を与えがちなので注意しましょう。

 

 

【おすすめサイト】
大学中退者向け就職攻略ガイド
大学中退者の就職は計画性が必要!